口腔扁平苔癬日記

口腔扁平苔癬の治療と経過をつづります。

治療7 ー 減薬のその後

こんばんは、ふわです☺️🐏


フレディ・マーキュリーの

ビデオ見まくりの週末でした。


YouTubeにいっぱい出てるんですね。

コピーライトはどうなっているのかと

少し心配になりますが…

禁断症状が出て辞められません🤣



【2017年12月】


脳神経外科で処方されている

バイアスピリンを

半分に減薬してもらい

口腔扁平苔癬の経過を

見ることになりました。


前にも書きましたが、

新しい治療を始めると

私の口腔扁平苔癬は、

いつも少しおとなしくなります。


この減薬の時もそうでした。


【2018年1月】


口腔外科の定期検診の時には、

だいぶ出血が治まり

まるで、このまま治るかの

ようでした。


先生も「良かったですね。

前は、いつも出血していましたからね」と。


しかし、それは一時的なもの

でしかありませんでした。


良かったのも束の間、

すぐに力を盛り返し、

またケナログに頼らないと

食事ができなくなるのです。

あ~ぁ😓


出血して、口の中が荒れると

何かその傷を覆う物がないと

食事も出来なくなります。


手とか足とかだったら、

絆創膏を貼ることが

出来るのですが 、

口の中はそうは行きません。


ステロイドの入っていない

口内の保護剤のようなものがあれば

良かったのかも知れません。


ケナログは、確かに

口の保護もしましたが、

一緒に副作用も付いてくる

のでした。


前にも書きましたが、

この少し治りかけた時に

また調子に乗って、

普段は控えていた食べ物を

私が食べて、口を傷つけて

悪化させたのかも知れません。

それが、治り切らない理由かも

しれません。


でも、減薬で治るなら、

今も続けているので、

治るはずなんですよね。


治らないのは、

口腔扁平苔癬には

耐性菌のように

新たな環境に適応して、

強さを増して、生き延びて行く力が

あるからなのかも知れません。


治療と呼べるような治療は、

この減薬が最後となり、

この後はステロイドの副作用か

と思われる症状がいくつか

出てくるのでした。

治療7 ー 減薬

こんばんは、ふわです☺️🐏


今日は、クイーンの映画

「ボヘミアン ・ラプソディー」

を観てきました。


フレディ・マーキュリーの

壮絶な人生と美しい歌で

本当、泣けました💦


天才は、いつも生き急ぎますね。

才能を持て余し、道を見失い…


もっと、もっと

生きてて欲しかったです…


家に帰って、久しぶりに

クイーン聴きまくりです☺️


…………

さて、話は口腔扁平苔癬に戻って、


【2017年11月】


これまでの治療は、

ことごとく上手くいかず


ケナログ(ステロイド)と

ファンギソン(抗真菌薬)による

対処療法を続けていました。


口腔外科の定期検診で

先生「出血が多いですね。

これは、少しマズイです」


私「ずっと、歯茎の出血が

止まりません。バイアスピリンの

影響でしょうか?」


先生「影響はあると思います」


バイアスピリンは脳神経外科から

処方されてる薬です。


2011年に脳ドックを受けた時に、

脳の血管に細くなっている

所があるのが発見され、

血管が詰まるの予防するために

飲んでいる薬です。


一般的に「血液サラサラの薬」などと

呼ばれている抗血小板薬です。


次の脳神経外科の受診で


私「歯茎の出血が止まらず、

困っているのですが、

バイアスピリンの影響って

どうでしょう?

歯茎が出血していると、

そこから、歯周病菌が体に

入って、心筋梗塞や脳梗塞を

起こすとも言われていますよね…」


先生「じゃあ、1日おきにして

見ましょう」


それまで、毎日 飲んでいた

バイアスピリンを1日おきに

減らしてもらうことができました。


つづく

肝臓の検査

こんにちは、ふわです☺️🐏


口腔扁平苔癬から

話が離れてしまいましたが、

肝臓の数値の悪化で、

半夏瀉心湯をやめることに

なりました。


この薬、口内炎に効く

ということでしたが

あまり効果が感じられず、

ちょうど良い潮時でした。

味が苦手…


【2017年11月4日】


肝臓の検査。


血液検査、エコー、レントゲン、

だったかな?


結果は、

「数値が悪くなった原因は

特定できませんが、

異常はありません」とのことでした。


たぶんですが、風疹のウィルスが

肝臓に何らかの悪さをした

のではないかと思われます。


数値は下がって来ていましたが、


AST 76 【基準値10~40】

ALT 106 【基準値 4~45】


と、まだ基準値を

上回っているので

完全に正常値になるまで

お酒は禁止。


運動は、12月から再開という

ことになりました。


ついでに、エコー検査で

「6cmの子宮筋腫があります」

とのオマケ付き。

これは、自覚症状もないので

放置しています😛



ちょうど、この肝臓が

悪かった時期に、

人差し指の爪に白い

5mmぐらいの点が

できたのです。


関係あるかどうか

分かりませんが

肝臓が悪くなっている

サインだったのかも知れません。


爪の白いサイン、

お見逃しなく。