口腔扁平苔癬日記

口腔扁平苔癬の治療と経過をつづります。

治療5 ― まとめ

こんにちは、ふわです☺️🐏


金属アレルギーの発覚により、

金属の冠をプラスチックの物に

換える過程を治療5に綴って来ました。


途中、一本の歯の抜歯があり、

その時に服用した抗生物質の

副作用か、

一度 治まるように見えた

口腔扁平苔癬は、再び力を持ち

口の中を荒らして行くのでした。


抗生物質は、炎症を起こす細菌を

殺しますが、

逆に、カンジダ菌が生き易い

環境を作ります。

カンジダ菌の増えた口の中は、

口腔扁平苔癬の天下です。


そして、再びケナログの登場です。

口の中の荒れ、痛み、出血を

止めたくてケナログを塗り

始めます。


しかし、ステロイドは、

カンジダ菌のいる環境下では、

効を奏しません。

でも、他に治療の選択肢がないので、

またケナログを塗るという

悪循環に陥ります。


そんな時、口の中に出きた

豆腐のカケラのような白い物に

歯医者の先生が気づき、

カンジダを除菌できる

ファンギソンシロップという薬を

出して下さいました。

抗真菌薬です。


オレンジ色の甘ったるい薬

ですが、それを使い始めると、

2日程で口の中もキレイになりました。中々、良く効きました。


4月の口腔外科受診まで、

ケナログ→ファンギソン→

ケナログ→ファンギソンと薬の

リレーで過ごしました。


金属の冠、または金属の詰め物を

取り除くために、

この間に治療した歯は13本、

その内3本はダミーを含んだ

ブリッジでセラミック。


奥歯も白いプラスチックに

変わり、見た目はキレイに

なりました。


この年に歯医者さんに払った

お金は、なんと365,460円でした💦

(医療費控除に出した金額から)

高~❗❗

治療5 ― 抜歯

こんばんは、ふわです☺️🐏


2016年の年末、

忘れもしない大晦日の日、

それまでもチリチリと痛みのあった

右上の奥から3本目の歯が

耐えられない痛みになり、

歯科の休日診療へ行きました。


休日診療の先生は、

何か歯の周辺を少し削ったような

気がしましたが、

大きな変化はなく、

痛み止めをもらって帰りました。


年明けに、早目にかかりつけ医を

受診するように、と手紙も戴きました。


2017年1月、いつもの歯医者さんへ。

先生「歯の奥の方が砕けているので、

この歯は抜かなければなりません。

それが、周りの歯肉に当たって痛みが

出ているのだと思います」


奥から3本目の歯は、その日、

抜歯されました。


その歯は、中学生の時だったか

顔の右半分が腫れ上がるような

炎症を起こし、神経も取り

冠を被せていた歯でした。

その時の治療は、今までの

歯の治療の中で一番痛く、

辛いものでした。


もう、神経のない歯でしたが、

残りの歯を歯肉から剥がし

抜かないといけないので、

麻酔をかけて歯を抜きました。

これも、辛かったです。


ちょうど、金属アレルギーの治療で

古い冠を外していたところでしたので、

抜歯して欠損になった所は、

両脇の歯にブリッジを作り、

3連の真ん中のダミーの歯で

補うことになりました。


この3連の歯は、金属アレルギーとは

関係のない治療なので、

プラスチックで作ることはできず

セラミックしか選択肢が無く、

1本9万円×3本で

大出費になってしまいました。

もちろん、医療費控除に出しました。


抜歯の後は、抗生物質と

痛み止めの服用で、

また、口腔扁平苔癬が

悪化していくのでした。


つづく

治療5 ― プラスチックの冠

こんばんは、ふわです☺️🐏


今日は、歯医者さんでクリーニング。

口腔扁平苔癬になってから、

先生にお願いして、2ヶ月に

一回クリーニングをして

もらっています。


それまでは、3ヶ月に一回

だったのですが、

歯茎が痛く出血している所

もあったり、

自分のケアだけでは

不安だったので、

特別に診てもらっています。


…………

2016年の10月~2017年の2月に

かけて金属の冠を、

プラスチックの冠に替える

治療が続きました。


不思議なことに、

金属の冠が外されると、

口腔扁平苔癬が少し良く

なったのです。

完全に治ったわけでは

ありませんが、

歯茎の荒れが引きキレイに

なっていきました。


【2016年12月7日】

口腔外科受診。

金属アレルギーの検査を

勧めて下さった先生は、

金冠を外すことで歯茎が

キレイになったのを見て、

とても喜んで下さいました。


先生「良くなりましたね。

次の診察は、4ヶ月先の

4月にしましょう」と。


その日は、ケナログとアズノールを

もらって帰りました。


私もそのまま治るものと

思っていました。

私の口腔扁平苔癬は、

金属へのアレルギーだったのだ、と。

金冠さえ外せば治るのだ、と。


しかし、そう簡単には

いきませんでした。


皮膚科の先生が言われた

「口腔扁平苔癬は治りませんよ」が、

今となっては、正しかったの

かもと思います。


口の中は、また少しずつ荒れ始め、

年末には、歯も痛み出したのです。


つづく